不時着した「ZAP SPACY」クルーの前に現れた謎の青年。
卓越した身体能力の持ち主。一切の記憶を失っているため、
素性は不明だが、怪獣を召還、操ることが出来るアイテム
「バトルナイザー」で怪獣たちと闘っている。弱肉強食の世界と
化した惑星ボリスで、失われた過去を追い求めるレイの安息の
場所は、戦いの中にしかない。

 
 
スペースペンドラゴンの船長。宇宙での苦難を何度も乗り越えてきた
筋金入りの男。船長という立場上、普段は冷静沈着に船の指揮を
取っているが、本来は猪突猛進で、危険に瀕した部下を救うため、
自らその渦中に飛び込んでいく行動派の熱い男だ。格闘技にも
長けている。クルーは尊敬の念を込め、彼の事を「ボス」と呼ぶ。

 
 
スペースペンドラゴンの女性副長。ヒュウガの片腕となる優秀な
パイロット。規則や規律に厳しく、理論派で、時にヒュウガの作戦に
異をとなえることも。副長としての責任感から、正体不明のレイを
当初は警戒していたが、数々の危機をともに乗り越えていくことで、
仲間としての絆を深めていく。

 
 
学生時代は古生物を専攻し、絶滅した怪獣に精通。怪獣の特性や
弱点は勿論、足跡からもその正体を言い当てるほどの怪獣ハカセだ。
学者気質で、腕力より、頭脳で闘うタイプ。絶滅怪獣に遭遇すると、
恐怖心より、好奇心が勝り、無我夢中で怪獣の前に飛び出していく
無鉄砲な一面も。今回の航海がスペースミッション初勤務となる
ルーキークルーである。
 
 
鉄クズでも新しいアイテムに作り変えてしまう優秀なエンジニア。
歴戦の勇士、ヒュウガ船長をして「魔法使い」と言わしめる頼もしい
存在。豪放磊落、気は優しくて力持ち。メカに異常な愛情を示し、
怪獣を愛するオキとは趣味も性格も対照的だが、二人はいいコンビ。
スペースペンドラゴンの修理を任され、惑星ボリスからの脱出は、
彼の双肩にかかっている。
 
 
ハルナ ジュンの兄。かつてヒュウガの片腕として、
スペースペンドラゴンの副長を務めていた。
資源輸送基地の責任者として惑星ボリスに駐留していたが、
怪獣の襲撃により基地は破壊され、行方不明になってしまっていた。
ヴィンセント島へと脱出しており、生存者たちのリーダーとして活躍。

 
 
黒いバトルナイザーで怪獣を操る「もうひとりの怪獣使い」。
惑星ボリスに駐留していたバイオプラント研究員アズサ・マキの
姿に擬態し、生存者を装ってペンドラゴンのクルーに接触。
レイとクルーたちとの絆を壊そうと暗躍しながら、大怪獣バトルを挑んでくる。怪獣使いの本性を現してからは、黒ずくめのコスチュームに身を包み、
さらに強力な怪獣を操って、レイを苦しめる。